糖質制限食のサービスとは|血圧を下げる手法を公開|食事でガラッと変わる

血圧を下げる手法を公開|食事でガラッと変わる

和食

糖質制限食のサービスとは

糖質制限の難しさ

ダイエット方法の一つとして近年人気を集めている糖質制限は、元々は糖尿病患者の食事管理に使われる考え方です。現在でも糖尿病に対しては糖質制限が必須で、医師の指導のもと食事の栄養分を徹底的に管理する必要のある方が大勢います。糖質をカットした糖尿病食は、実際に自分で調理しようとすると食材選びだけでなく調味料や調理法などにも気を配る必要があります。また、糖質は多かれ少なかれほとんどの食材に含まれており、十分な知識がないと糖質をカットできていない危険性も生じます。このように糖尿病食を患者自身やその家族が用意するのは非常に手間が掛かるため、近年では栄養士の指導のもと作られた糖尿病食の宅配サービスが人気です。他の栄養分のバランスもとれている糖尿病食の宅配サービスは、治療における患者・その周囲の方々のストレスを軽減できるため、積極的に取り入れましょう。

エネルギー源になる糖質

糖尿病患者にとって糖質の摂取は治療の妨げにしかならないイメージが強いですが、実際には糖質は身体の活動には欠かせない栄養の一つです。脳の唯一のエネルギー源である糖質は不足すると全身のだるさなどの不調が現れるため、糖尿病患者においても少量は摂取する必要があります。以上のように、糖尿病患者にとって糖質は制限が難しい栄養ですが、病食の宅配サービスではいかにうまく糖質を摂取・制限できるかということに重点が置かれています。ご飯やパンなど主食となるものに糖質は多く含まれていますが、肉や根菜などにも多く含まれています。主食はお代わりをしがちなので、宅配サービスで提供される糖尿病食は主食の量を少なめにし、他の栄養の量にも気をつけながら根菜などで適度な糖質を摂取できるよう作られています。糖尿病食の成分や献立の目的についての理解を深めることで、患者や家族が安心して病食の宅配サービスを利用できると言えます。