血圧を下げる手法を公開|食事でガラッと変わる

食事中の男女

治療は医薬品だけではない

栄養療法では、血液検査などから分析した不足している栄養素を特定し、補充していきます。そして自然治癒力を高め、解決しずらい症状を改善していく治療方法です。お薬をもらっているけど、どうも体調が優れないという方には、試す価値のある方法といえます。

Read More

食べ物に気を付けよう

血圧を下げる方法として、肥満を解消する方法は人気があります。血圧が下がるうえ、体形もすっきりするからです。血圧が上がる理由は、肥満によって体の体積が増えると、心臓から血液を広い範囲に送り届けるために血圧を高くしようとするからです。特に、食事に気を配ったやり方はすぐに実践できるため、多くの人が取り組んでいる方法です。エネルギーと脂質の摂取量を下げて、食物繊維やビタミンは積極的に摂るようにします。ご飯やパン、麺などの主食を食べ過ぎている場合には、量を減らします。バターやマヨネーズ、脂身の多い肉なども毎日食べないようにします。このような食事を心がけると、徐々に肥満が解消して血圧も下げることができます。

食塩に含まれるナトリウムは、血圧を上げる働きがあります。血圧を下げるためには、食塩の摂取量を減らした食事をするように心がけます。食事のなかでも、和食は塩分を多く含んだメニューが多いため、血圧を下げるどころか上げてしまいます。注意が必要です。味噌や醤油、梅干し、たくあんといった調味料や保存食品は、摂り過ぎないように気を付けます。塩分を多く含む調味料を使うときには、昆布やしいたけのだしを合わせると、少ない量でも塩味がつきます。また、梅干しやたくあんはそのまま食べるのではなく、細かく刻んでからご飯などの食材に混ぜ合わせてから食べると少量でも満足できます。また、食塩を多く摂取するとのどが渇きます。のどの渇きを解消しようとして水をたくさん飲むと血液の量が増えて、動脈にかかる圧力が上がります。つまり、血圧が上がってしまいます。必要以上に水分を摂らないようにすることも大切です。

食事を工夫して悪化を防ぐ

最近の腎臓病食には、大手食品メーカーも参入しています。調味料や食材などが出回り、一般の食品とほとんど変わらないラインナップです。トライアルに役立つ少量のセットも販売されます。宅配の腎臓病食は、正月や非常時などの状況に合わせて利用すると便利です。特に非常時には、常備しておいた腎臓病食が役立ちます。

Read More

糖質制限食のサービスとは

料理に含まれている糖質を徹底的に管理する必要がある糖尿病患者に対し、宅配による糖尿病食の提供サービスが普及しており、病食を用意する手間を省くことに役立っています。病食がどのような栄養バランスを持っているかなどの知識を深めることで、宅配サービスをより安心して利用できます。

Read More